2017年〜2018年度 ライオンズクラブ国際協会 330-337地区 8複合地区 協議会議長

田中正明

MD330議長 L田中 明(副世話人)

国際協会の目的、方針を伝達支援することはもとより複合地区としての目標、長期計画を各準地区に速やかに配信をすると共に様々な支援をすることが大切な職務と考えます。その為には、準地区ガバナーとの連携は重要であり、互いの調和を図りながら仲良く、笑顔で「We Serve」の基、協働し結束を深めながら進んで行かなければなりません。すべての行動が奉仕に繋がることを認識しながら、重要課題の一つ、各準地区が抱える会員増強と会員の退会防止は現況を把握し、各クラブ、各メンバーが「やる気と根気、強気」をもって、「心・一つに」歩んで行く事が必要です。ライオンズを支える源は会員一人一人の信念と行動、勇気と決断、更なる明日に向け歩みを進めて参りたいと思います。

山田正昭

MD331議長 L山田 正昭(世話人)

MD331のABC3地区のガバナーは、夫々「築こう、奉仕の新世界」「つなげよう、奉仕と連帯を未来へ」「奉仕の新たな一歩に誇りを」と、次の100年に向けたスローガンを掲げ、会員維持増強、会員の質の向上、若手リーダーの育成に、力を入れる事を重点目標にしております。
新体制でスタートした「GAT」を軸に、奉仕の伝統を強化拡大し、糖尿病を加えた五つの人道的ニーズの推進に務め、50周年を迎えるLCIFの目標達成の為にも「北海道は一つ」を合言葉に、意志の疎通を図り、共に協力し合って力強く前進してまいります。

森谷潤

MD332議長 L森谷 潤

MD332議長の森谷潤でございます。
本年度のスローガンは「深めよう奉仕のこころ がんばろう東北魂」と致しました。わたくし達のふるさと東北沿岸部は2011年の大震災に未曽有の被害を受けました。あれから6年が経過し、LCIFの手厚いご支援、そしてライオンズの仲間の友情により、今、正に復興を遂げようとしています。被災地の方々と共に、改めて御礼申し上げます。
MD332から近い将来、是非とも国際理事を出したいと思っております。皆様方の絶大なるご支持、ご支援をお願い申し上げます。
最後に、我々の第一の目標は会員拡大です。東北6県のガバナーが競い合いながら会員拡大を図ります。よろしくお願い致します。

髙橋克文

MD333議長 L髙橋 克文

MD333は、日本海から太平洋を横断するMDです。新潟県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県の単県5県で構成されています。そして、私たち333複合地区ガバナー協議会は、LCI100周年から101年への変革の時期に16,000人の会員と共に奉仕が出来る喜びを共有し、心地よい汗を流し、さわやかな感動を多くの市民と共に感じられる素晴らしい事業を各地区で行っています。そして、LCIF50周年に向けても世界各地の災害支援や各クラブの充実した活動の支えとなるためにも啓発を行って参ります。

野村善弘

MD334議長 L野村 善弘

複合地区スローガン「輝く未来へ進化するライオニズム ウイ・サーブ」のもと各地区のガバナーと共に国際会長の方針に従い、人道奉仕活動を相互理解の精神のもと、進化したNEW ウイ・サーブをめざし、より輝いた未来への一歩を踏み出し、次なる世紀に向けて更なる発展に繋がるように、誇り高く、夢を求めて、絆を深め、国際協会の5カ年戦略計画のLCIフォーワードに則り、将来へのビジョン設計を遂行実現する事を目指していきます。国際会長キーワードの「THE POWER OF WE」 のもとより良い奉仕活動実現に向けて邁進いたします。

福田惠太

MD335議長 L福田 惠太

直近2期、L山田實紘PIPの要請で複合地区ガバナー協議会議長は現職地区ガバナーが兼任しました。今期、335複合地区では多忙な現職ガバナーが地区運営に専念できるよう、議長は前元ガバナーの中から選出することとし、私が指名されました。
今期はライオンズクラブ創立100周年であり同時に次の100年への初年度でもあります。「一般社団法人日本ライオンズ」は創立2年目に入り、組織充実の重要な時期です。またGST新設、エリアリーダー、コーディネーターの組換え、更にGATの組織化と日本のライオンズクラブにとって大きな変化の年です。
私、そのような中で生じる様々な課題に真摯に取り組んでいく所存です。会員の皆様のご指導、ご協力を頂けますよう宜しくお願いいたします。

大谷博

MD336議長 L大谷 博

101年目を迎えました、国際協会336複合の議長に指名され光栄に思うとともに一年間ライオンズクラブのために頑張っていきたいと思います。
次の100年に新たな一歩踏み出した今、国際協会もLCIフォーワードでライオンズクラブを変貌しようとしていることがよくわかります。
この一年間皆様のご協力を頂き、336複合の活性化に努めてまいります。
前年度は、ガバナーとして会員増強に励んできましたが、大幅減になってしまい皆様には大変ご迷惑をおかけしました。今期はMDの会員増強と共に新しく始まりましたGSTによる何か今までと違うサービスを考えていきます。
そして、GATリーダーをフル活用して336を発展していきます。それには会員皆様方のご協力をおねがいいたします。

村中尊裕亀

MD337議長 L村中 尊裕亀(副世話人)

337複合地区ガバナー協議会議長には複合地区をまとめる重要な任務があります。国際協会の目的を達成するよう、まとめる責任の重大さを実感しております。アガワル国際会長のテーマ「We Serve」に向かっていかなくてはなりません。GMT、GLT、GST、FWT、これをまとめるGATと協力し、より良い日本のライオンズクラブが200年に向けて益々発展するよう、尽力いたします。何卒よろしくお願い申し上げます。


HOME      
議長連絡会議 大会関連 基本情報 外部LINK
各議長ご挨拶 国際大会(外部リンク) 各組織・委員会 eMMR Servanna報告
国際役員
国際大会報告(PDF) ライオンズIT情報(PDF) 国際本部(日本語)
OSEAL FORUM ウェブサイト倫理規定 太平洋アジア課
国際大会開催予定(外部リンク) ライオン誌日本語版